デジタルが格安 2017年度 テクニック

カメラによる違いを極力出さない内容なのでどこのデジタル一眼を使用してても応用できますが、基本操作の習得ありきという印象でした。また!サイズが小さいのでカメラと一緒に携行しても荷物になりません。よく練り込まれていますね。

こちらです!

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

デジタル テクニック写真がもっと上手くなるデジタル一眼撮影テクニック事典101 [ 上田晃司 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

中学生の子供にも、理解できる、わかりやすい本です。各パートごとにカテゴリが分かれてますが、ほとんど目次で「やりたいこと」を探してみるという「事典」として使い方をする本です。簡潔に書いてあり作例もありますのでとても参考になります。持ち歩きやすい本のサイズでそれもまた良いです。しかし、知り合いに聞いても絞りがどうだの、露出がこうだのと言われてもよくわかりませんでしたが、その辺りからもわかりやすく書かれていて、カメラの構造(理論)をサンプル付きで説明してくれているので、とてもわかりやすかったです。レンズの項では焦点距離と画角!アングルに関して作例をまじえて解説。写真の基礎からカメラの実際まで解説してくれますから、初歩の方には参考になること多いと思いますよ。_写真は同時に注文したものも写っておりますが、手前一番右が本書です。月を写真に撮りたかったのですが今まで光の玉にしか写せませんでした。写真撮影のワンポイントアドバイスをまとめて書籍としては!コンパクトで理解しやすい内容だと思います。いままで基本的にオートでしか撮影したことがないのですが!もう少しこうだったらなど思っていました。したので取説以上を学ぶ為!購入しました。絞りの項ではその役割とボケ効果の実際例の作画法を。またOK作品、NG作品の比較も他社の本に比べて差が歴然としており、理解しやすいです。まだ何も分からないのでありがたいです。光!色などの項目別!あるいは撮りたい被写体別のページ索引から探すこともできて便利です。内容もあまり難しいテクニックや用語も控えて解り易く!ケース別で書かれてますので調べやすいです。各セクションは基礎解説からスタートして、実践的な作例まで技術解説してくれています。。色の項では色温度の解説とホワイトバランス、及びそれを利用した応用例を。カメラ任せで一応それなりにコンデジよりきれいな写真が撮れるのだが、もっと良い写真を撮りたいという人にはかなりお勧めだと思います。なお!アマゾンだとほとんど全編立ち読みできたはずです。基本書ではなく!基本を覚えた人がステップアップするのに向いています。シャッタースピードでは時間に対する表現法(ブレ)のあれこれを。私のような知識のないものにとって!状況に応じた撮影方法を解説してくれているので!こういったときはこう撮れば!とか!こんな撮り方ができるんだ!といった部分で大変わかりやすいです。私は一眼レフは初心者で操作をカメラ屋さんに色々聞いてたらこの本を勧められました!確かにこの本は初心者にもわかるように書かれており特にシャッター速度をいくつ!絞りをいくつというように具体的に書いてありわかりやすかったです!この本を見ないで写せるようになるにはかなり時間がかかりますが!若い方でしたら理解も早いでしょう!ちなみに私は59歳です。初心者用に写真を交え!解り易く解説されております。写真がうまくいかないと感じておられる方には強い味方になりうる一冊でしょうか。(ひとことおことわりを、初心者向きです☆)数か月前にミラーレス一眼を購入したばかりの一眼初心者です。以上、かなり実践的に参考になることがらが掲載されています。買った当時はドライボックスだったのがレンズが増え、カメラも1台増えてしまい、防湿庫の購入までしてしまいました。構図の項では!構図の種類と効果!イメージのまとめ方など。設定次第で撮影結果が異なる事例については同じ被写体を異なった設定で撮影した場合のサンプルや、中にはNGの事例も掲載されているので参考になります。これを見て「絞り」というものが少し理解でき!月を月らしく撮ることができました。基礎として覚えておけばそれなりに良い写真が撮れそうです。初一眼レフの方が、1000円の本を買ったら出費が20倍になる可能性もありますので、ご参考になれば。時々出現するコラムにも、なるほど〜と思うことが書いてありました。キーワードでの検索ができる構成なので、「ここが知りたい」という時に便利だと思います。実際この本のとおりに撮影すれば、テクニックの内容が理解しやすいと思います。この一冊でほぼ実際的な撮影に関しては網羅できています。2枚目は中身を少々。再確認の意味でとても良いと思います。と!本人が!言ってました。(Gさんもこれくらいの本は読んでねw)(^^;新書サイズでこの内容は良いと感じました。シャッタースピードや!色調!レンズなどについて書かれております。本当に1からの人には同社の基礎知識編を薦めるが!一応基礎知識を覚えた人!昔はフィルム一眼レフを使った経験がある人には良いのではないかと思います。たぶんニコンの機種をサンプルに解説してくれていますが、キャノンユーザーの私でも違和感なく理解できました。すぐにやってみたいと思わせてくれるところも良いですね。カメラの知識について書かれた本です。他にも「ボケ」の作り方など初心者の私にも理解できましたので!あとは実践あるのみです。用語集も最低限のものなので基本のキから学びたい人にはあまりおすすめできないとは思います。勉強になります。問題はその状況ごとに使われているレンズが欲しくなることです。おすすめしておきますね。各パートのはじめに記載されている基礎知識がまとめられているのがよい。光の項では撮影イメージを決定する光の向き(順光、逆光)の効果と補正法を。この本を買って読んでから1年ほどですが単焦点レンズだけでも3本増えました。101項目に分かれてテクニックが書かれているので(例えば、夕景を見た目以上に鮮やかに!)わかりやすいです。インプレス編集写真の実践テクニック辞典、六つのパートに分けて、絞り・ボケ、シャッタースピード、光、色温度、レンズ、構図、と、知りたい技術を見開き1ページにひとつの要素を実例付きで解説してくれます。巻末に用語解説も掲載されているので、デジタル一眼の初心者でも用語解説を利用すれば理解できると思います。基礎的な解説も的を射ていてわかりやすいと思います。